ページ

2018年6月19日火曜日

靴と草履の整理

こんにちは、ハルカです

今月の初め頃からなんとなく始めている、家中のお片づけ。
目標は、ひとつひとつのモノに収まる場所を作っていくことと、スペースに無駄がないよう収納を考えること。
なかなか、一気には進まないんですけど、1箇所ずつ徹底的に納得いくまでやりきるようにするとリバウンドしないかな、と信じて(笑)頑張ってます。

そんな中図書館でミセス美香さんの「美的ハウスキーピング」という本を借りて数ページ読み、まず玄関を綺麗にしましょう!ということでやってみました。

とりあえず本の通りに全ての靴をチェックして(本にはなかったけれど私は写真を撮っておきました。後でシューズボックスに貼るつもり。)
掃除機の後に水ぶき。たたきは漂白とブラシでゴシゴシ、徹底的に掃除!
ワードローブの中でもかさばる靴たちにそれぞれ居場所を与えて完了。

場所も気持ちもスッキリ!!
玄関って範囲も狭いし取り掛かりやすかったです。
これは玄関ではないんですけど、スッキリした気持ちの表現です。笑
あまり出番のなくなった和装草履3足と、スニーカー3足、パンプス1足とさよならできました。
残った靴たちは、
和装草履は冬向け2足、下駄1足、カジュアル3足
洋服用はスニーカー、登山靴、ブーツ各1足、パンプス4足、サンダル4足
まだ実家に靴も草履もあるんですけど、とりあえず今の所完璧ということでオッケーにします。笑
ちなみに、本にはひとり8足あれば良いとされていました。完全にオーバーしてますね。笑


あとはいらない傘をどうするか?なんです。。。
ビニール傘っていつのまにか増えるんですけど、
傘って粗大ゴミになるので、捨てにくいなと感じています。
小型不燃にしてほしいです〜。

SMILE

2018年6月16日土曜日

草履をオーダーする時のこだわり

こんにちは、ハルカです

カフェ草履で有名な、カレンブロッソ 
オーダーで新しい草履をつくっていただきました。

カレンブロッソの草履は底がEVAのスニーカーと同じ素材
適度な硬さで、疲れにくいんです。
百貨店などの販売員さんの足元にもよくみかけます。

オーダーした草履の詳細はこのような感じです
足を乗せる部分は牛革エナメルのブラック
鼻緒はエイ皮のベージュ
先ツボと鼻緒の受けの部分は本天(先ツボだけ濃い赤)
私はすげ具合も調整が必要で、かなりきつめにしてもらいました。
(鼻緒のキツさのことです)


ところで、草履のすげ具合って、個人で好みがかなり違ったりします。

少しでもぎゅっと圧迫を感じるのが嫌な人、
ぎゅっとなってないと嫌な人、
先ツボは緩めで、サイドの2点はキツめが好きとか、
甲高ではないけれど、足袋を重ねばきするので緩めに、
スリッパみたいにゆるゆるがいい、などなど

ちなみに買うときの基本的に良いとされているすげ感は、痛くない程度に圧迫を感じるくらいのキツさです。すげはどうしても緩んでくるものなのでちょっとキツめにしといて、草履が履いているうちに自分にあってくる感じが良いようです。

長さのサイズ感は、かかとが少し出るくらいの長さに。
かかとが草履より内側だと、着物で椅子などに座ってとか、かがんで元に戻るとき、裾を踏んで後ろ部分の着物がずり落ちる可能性があるからです。草履が大きいのは、なんとなく野暮ったく感じるっていうのもあると思いますけども。

そういうわけで、私の場合はこちら
私の足の形は甲薄幅狭(靴のワイズでいうと、AA〜AAAです)
カレンブロッソでオーダーする時は、
長さはLサイズだけど、すげ具合はSサイズくらい…Sより少しきつめ?くらいです。
私はどっちかというと基本的な感じで、すげはちょっときつめにしといて自分で慣らしていく感じです。
靴のサイズは25.5cm(大きい。笑)で、Lサイズです

ついでに足袋のサイズもいろいろあって、こだわりもあるんですけど長くなりそうなのでまた今度にします〜

SMILE



2018年6月13日水曜日

和のこと 金継ぎ体験

こんにちは、ハルカです

とてもお世話になっている人から頂いた大切なコップを、見事に割ってしまったワタクシ。
かなりのショックでした。
でもその人が、金継ぎワークショップのことを教えてくださって、お直しをお願いすることにしました。可愛く復活しそうで、ほっ。
(割ったものは割れ目が複雑なカタチなので、先生にお願いしました。)

ワークショップでは、ちょっと欠けたマグカップと小鉢を金継ぎ体験してきました。

右の小鉢が金、左のマグが銀です。
一番簡単な方法(金継ぎでも色々種類があるようです)で教えてもらいました。
欠けた部分にパテを押し付けて、乾いたらカッターとヤスリで形を整え、新漆という絵の具状の漆をパテの部分に塗って、半乾きの状態で金や銀の粉をポンポン、約1ヶ月乾燥させて完成。
2時間くらいのワークショップでした。


グッと集中して、細かい作業をするって楽しいなぁ。
ただ、本漆という伝統的な方法だと気の遠くなるような作業と漆によるカブレもあるらしいので、本格派は体験しなくていいかなって思いました。

乾くのが楽しみです(^^)
SMILE

2018年6月12日火曜日

hosokawa stole

こんにちは、ハルカです

モデルをさせてもらった、細川毛織物 さんのカシミヤストール



6/13(水)〜19(火)まで、大阪タカシマヤ2Fに出店されますのでお知らせです(^^)

今年の夏は暑いそうですが、建物の中や長時間電車に乗っていたりすると冷えたりしますよね。hosokawaさんのような薄手のストールをバッグに忍ばせておけば安心です。

肌触りが気持ちよくて幸せな気分に。
私は白を愛用しています〜!


SMILE

2018年6月11日月曜日

お茶のお稽古

こんにちは、ハルカです

裏千家の茶道教室に通って3年目
…やっとカタチになってきたかな?!くらいの進み具合というか覚え具合というか。笑
でも毎回学ぶことがあって、主菓子の可愛らしさに、おぉっ!となったり
楽しくお稽古して頂いています。


茶道というと、あまり公開されていない教室も多いですし、一旦入門したらやめにくいとか、先生によって資格をどんどん取るような教室だったり、和気あいあいとして気取らない教室だったりするので、人づての紹介じゃないと始めにくいのかなぁとも思います。

もっとお抹茶を身近に、コーヒーみたいな感覚で飲む人が増えたら素敵じゃないかしら、と思うこの頃。
友人が家に遊びにきてくれる時に、コーヒーとお抹茶どっちにする?と聞くと、意外とお抹茶率も高くて喜んでもらえます。
家でお薄を頂く時は、ヤカンでお湯を沸かして、キッチンの片隅でチョチョっとかき混ぜるだけです。

お抹茶を漉したり、お茶碗をお湯で洗って拭いたり、熱湯は注がない、とか、ちょっと気をつけることを知ってれば美味しくなるけど、特に知識がなくても大丈夫。
いちいち炭で湯を沸かしたり、水差しをどこかからキッチンに持ってきて、なんてしませんよ。笑
こんなちょっとしたお作法というか。コーヒーの美味しいドリップの仕方ワークショップのお抹茶版みたいなことしたいなぁ。

SMILE

2018年6月9日土曜日

セルフネイル

こんにちは、ハルカです

昔むかし、私が高校生の頃…笑
ネイルが大好きで、毎週末に塗っては日曜の夜にネイルオフをしたりして、夢はネイリストでした。結局専門学校には行かずネイリストにもなりませんでしたけれど、数年前まではよく塗り塗りしていました。

最近はあんまりネイルすることもなく、集めていたネイルポリッシュも気づけば4本とベースコートとトップコートのみになっていました。
なんとなく塗りたくなって、爪の形をじっくり見てヤスリで形を整えたり甘皮をとったり。

ペディキュアはブラウンゴールド1色、ハンドはピンクブラウンにシルバーでフレンチネイルにしてみました。


ピンクブラウンのネイルは、ZOYA のSALLY(ZP351)
ネイルを塗るのは久しぶりながら、ムラになりにくく、2度塗りすれば均一に塗れました。細かいパールが入っていてアラが目立ちにくいのかな。
結婚式の2日前にshopinで購入し、そのまま使わずに置いておいたものです。


思ったよりピンクが強いかなぁ。
もっとベージュな感じが好みです。
というか、手が日焼けしているから微妙に感じるのかも。
足の方が色白なのでペディキュアの方が似合うかな。

2018年6月7日木曜日

撮影のオフショット

こんにちは、ハルカです

先日の撮影のオフショットを少しご紹介。
おびやさんの撮影でした。

今回はヘアメイクさん、着付師さん2人、に創り上げて頂いた、いつもと違う顔と着付け、でした。

毎日この顔になれたらなぁなんて思いながら、撮影スタート。


どんどんシャッターが切られるので、ポーズは反射的にとっています。
つどつどヘアメイクさんと着付け師さんによる微調整。


着物のシワやよれなんかは、肉眼では気にならないのに、写真になるとやたら目立ってしまうもの。
しかも、ピターッと着せるのではなくふんわりした雰囲気にという、イメージに合わせた着付け。すごいなぁ。


SMILE